トップ 検索 PDF RSS ログイン

Et cetra

「仲良く」「楽しく」「かっこよく」

新人に対するSTREAMの基本姿勢

学部生新人は、まず、実力をつける必要があります。

村井研究室には卒論という大きなイベントがあります。それをこなすためには、様々な技術が必要とされます。そのため、STREAM では、4年の春になるまでに可能な限りの実力をつけていただきます。4年春には絶対に研究テーマを決めて頂きます。 運良く4年になるまでに研究テーマを見つけた人に関しては、その研究をして頂きます。

STREAMにおける技術とは?

  • インターネット技術の学習
    • インターネットプロトコル
    • ルーティング
    • その他、興味を持ったこと
  • UNIX 運用等
  • ネットワーク機器と遊ぶ
  • プログラミング
  • 論文書き

STREAMメンバーとしての心構え

STREAM KG では、所属する学生に対して、以下のことが要求されます。

  • 可能な限り研究室に常駐すること

研究室に居て何かしらの活動をしていることが研究会活動につながります。 週に1度しか顔を出さない人は先輩から名前を覚えてもらえないだけでなく、何もしていないと認識されることになります。

  • 自身で進んで勉強すること

勉強に対する指針や研究指導はもちろん行いますが、自身から進んで研究会全体として行われている輪講などに参加することはとてもよいことです。 また、質問などはいつでも歓迎です。やる気がある人は大好きです。

  • 大人としての節度ある行動

STREAMに所属すると、WIDEプロジェクトやその他プロジェクトを通じて外部組織の方々と一緒になり研究を進めることが多くなります。 その中で人と人との円滑なコミュニケーションを行う能力・常識など大人の人間としての常識的な行動が要求されます。

  • 常に何かを求める心

研究室は、「研究」を行う場です。研究は常に何か新しいものや面白いものを求める所から始まります。 研究会では常に人が何かをしています。単に研究だけでなく、ネットワークの管理活動や遊びといったものなど様々です。 先輩が何かしら動き始めたら、それについて行き、その様子を眺めるだけでも新たな発見があるかもしれません。 常に向上心を持ち、自分ができる範囲で活動に取り組み、自身をよりよくしていこうとする心を常に持ちましょう。


STREAM KG では、新人は向学心を持ち、わからないことは積極的に議論、質問し合うことが 求められています。はじめから研究活動を行うことは不可能なので、新人はやりたいことを するための基礎体力作りが必要になります。そのためには、木曜日(研究会の時間)の3時間 以外でも研究室への積極的な参加が必要です。真面目に活動している人はちゃんと見ていますので、自分の持てる力で精一杯活動してください。

向学心を持ち、様々な事を勉強することにより、研究テーマを見つけることから始めましょう!


エリア制について

STREAMは、RGのエリア制の導入により、DVTSエリアと喫煙pubエリアに分割されました。 DVTSエリアでは、DVTSをはじめとする映像・音声配信を主に扱います。 喫煙pubエリアでは、DVTSエリアに属さないテーマ全般を扱います。